教育ローンの審査を通すために

教育ローンの審査を通すために

進学先が決まれば、学費などの費用がすぐ必要になるので、教育ローンなどは早々にどのくらい融資が必要かなどは事前に調べておく必要があります。もっとも、教育ローンで必要な金額だけでなく、教育ローンの審査を通すために必要な基準や書類などを用意しなければならないので、早め早めの準備を心がけるべきでしょう。

 

ところで、「国の教育ローン」というものがあります。少し前までは「教育一般貸付」「郵貯貸付」と2つの教育ローンがありましたが、郵便局の民営化などで今は「教育一般貸付」のみ日本政策金融公庫で取り扱われています。

 

国の教育ローンですから、一般的な国民なら貸付してもらえるはずで、社会的な弱者−母子家庭などは返済期間や金利で優遇がさらにあるのです。

 

この「国の教育ローン」の審査を通すためには、独自の加算式で一定のポイント以上となれば融資可ということになります。そのポイントの一例としては、自己所有の家があり、住宅ローンのない人は審査が通過しやすいようです。さらには、住宅ローンやクレジットカードの返済で、一度でも停滞したことがある人は審査が厳しくなるようです。もっとも、国の教育ローンの審査を通すためには公共料金の延滞はあまり関係がないそうです。

 

きちんと支払いがなされ、教育ローンを組む際の条件(年齢や世帯の年間収入など)を満たしていれば、審査を通すために、と意識しなくても良いかもしれません。「国の教育ローン」は入学時期より少し前などいつでも申込めるのです。

 

進学先が決まれば、進学する学校の奨学金を受け、国の教育ローンの申し込み、民間金融機関の教育ローンと借り入れ先を進めていけば良いのではないでしょうか?

教育ローンの審査を通すために関連ページ

教育ローンの申し込みで失敗しない手順について
子どもが志望校に受かれば、親としても喜びは一入のはずです。その一方で、失敗しない手順で教育ローンが組めるように申し込み手続きをしなければなりません。
教育ローンの契約名義は?
民間の銀行であれば、教育ローンの契約名義は親でも子どもでも良いようです。しかしながら、国の教育ローンなどを組む場合は、親の名義でないと組めないので、きちんと家族と協議すべきでしょう。
教育ローンは誰でも借りれるの?
教育ローンは、誰でも借りれるの?と疑問に思うことがありますか?実は、教育ローンは誰でも借りれるものとは言えないのです。大原則は、子どもの扶養者がまずその対象になりますが、借りれるかは審査によります。
教育ローンの検討の仕方について
教育ローンの検討の仕方は、まず国の教育ローン。次に農協のJAバンクや労働金庫。そして、口座があってメインバンクとしている銀行の順、ということになります。
教育ローンはいつ申し込めばいいの?
教育ローンをいつ申し込めばいいの?と考える前に、教育ローンが必要な時期を仮に定めて申し込みを逆算して定めたり、申込みのキャンセルができる・できないなどを金融機関などに直接確認しておくべきでしょう。
教育ローン以外で教育費を借りる方法について
進学のための教育費の調達というと教育ローンをイメージすると思います。しかし、教育ローン以外で教育費を借りる方法がないと困ることがあり、実際問題として、教育ローン以外で教育費を借りる方法はあります。
教育ローン申込前とその後について
教育ローン申込前とその後のそれぞれに狼狽しないように、余裕をもった想定を講じておくことによって、教育ローンの借り入れで不安を生じることは少ないでしょう。
融資申込時の不安について
融資申込時の不安は、金利は低く抑えられる?ひとつの金融機関の最大融資額で進学先に通いきれる?といったものから、そもそも融資申込希望の時点の勤続年数や年収で融資申込できるかどうか、といったものまでさまざまです。