jaの教育ローンについて

jaの教育ローンについて

jaという呼び方は、まだまだ一般的ではないかもしれなせんが、jaとはこれまでは「農協」と呼ばれていた組合です。そのjaの組合員向けの金融機関がjaバンクと呼ばれ、このjaバンクが農家の子息向けに利用できる教育資金ローンが、ja教育ローンなのです。

 

ja教育ローンと言われるこの教育ローンは、前述の通りjaの組合員向け−かつては、農家の組合員しか利用できないものと思われがちで、かつ農家でなければjaの組合員になれないようなイメージすらありますが、現在はまったく異なります。

 

最近は、農家のためだけの金融機関ではないことを強調するために、テレビのコマーシャルや広告を積極的に展開しているので、「jaバンク」という名称は耳にしたことがある人は少なくないかもしれません。

 

jaバンクと互換のある銀行のATMは多く、その点をアピールするコマーシャルも流し、一般のサラリーマンなども准組合員として取り込まないと生き残れないという危機感も一方ではあるようです。いずれにしても、実際に農家でない人がjaの教育ローンを利用したいがために出資金を支払って准組合員になる非農家も結構いるのです。

 

そして、ja教育ローンを利用するために支払った出資金については、ja教育ローンが完済された段階で手続きを行えば、この出資金は返金してもらえるのです。なお、jaの教育ローンはほかの金融機関の教育ローンよりも有利な面が多いこともあって、非農家の人が准組合員になって出資し、教育ローンを受けるようです。

jaの教育ローンについて関連ページ

ネットde教育ローンについて
「ネットde教育ローン」は三菱東京UFJ銀行の口座があれば、インターネットで申し込める教育ローン商品です。忙しくてもネットで申し込めるところがポイントなのでしょう。しかし、金融商品は難しいところが多く、できれば銀行の担当者から直接説明を受けた方がトラブルは少ないでしょう。
信用金庫の教育ローンについて
信用金庫や信用組合は、営業できる地域が限定されています。このため、銀行との差別化のために、その地域の特色に合った金融商品を売り出していることが多いのです。このため、教育ローンなどの金融サービスが必要になった場合は、地元の信用金庫なども検討の選択肢のひとつとした方が良いでしょう。
労働金庫の教育ローンについて
労働金庫で教育ローンなどの金融サービスを受ける場合には、まず労働金庫に口座が作れる資格があることが必要となります。しかし、銀行などの一般的な金融機関よりも優遇が受けられることもあります。
医学部への教育ローンについて
医学部への進学は、国公立ならまだ経済的に楽のようですが、私大医学部への進学であれば、初年度は1000万円ほどかかるそうで、教育ローンは一般大学向けと医学部向けの2通りあるようです。
国民金融公庫と教育ローンについて
戦後すぐに設立・運営された政府系金融機関のひとつである国民金融公庫の教育ローンは、現在、株式会社日本政策金融公庫の教育ローンに継承されています。民間金融機関よりもいまだに金利はおトクのようですが、融資限度額が多くないので民間との併用が得策でしょう。
金融公庫の教育ローン
民間の銀行の教育ローンは、誰でもイメージできると思います。しかし、主に中小企業への貸付を行う政府系の金融機関である国民生活金融公庫で個人が教育ローンを組むことができるのをご存知ですか?
銀行の教育ローンについて
教育ローンは公的機関の制度を活用することが得策です。しかしながら、限度額では足りないことが多々あるため、銀行の教育ローンと併用する人が多いようです。
教育ローンのコールセンターについて
日本政策金融公庫のコールセンターは、2系統あります。ひとつは、融資相談に関するものと教育ローンに関するものです。この教育ローンは、公的制度での融資です。
日本政策金融公庫の教育ローンについて
教育ローンは、民間の金融機関だけでなく、政府系の日本政策金融公庫の教育ローンや農業協同組合の金融部門といったところで資金が得られますが、返済金利などを鑑みると、日本政策金融公庫の教育ローンにおトク感を感じることでしょう。
東海ろうきんの教育ローンについて
大学全入時代と言われる今日この頃ですが、それは授業料だけでなく諸々かかる費用がまかなえてのこと。その費用を教育ローンでまかなう方法があり、その教育ローンを東海ろうきんで組む場合は、東海ろうきんでローンが組める資格が必要なのです。
農協の教育ローンについて
最近、JAバンクのコマーシャルが流れています。JAとは農協の略称で、この農協が預金や教育ローンなどのサービスを行う信用事業がJAバンクというわけです。