労働金庫の教育ローンについて

労働金庫の教育ローンについて

子どもがいる家庭ではどこでも、進学など教育をどう受けさせていくか、幼稚園の入園からいろいろ研究する人は多いようです。しかも、子どもの絶対数が少ないが故にかける費用が大きいようです。兄弟が多ければ、教育になかなか費用がかけられない、ということの裏返し、ということでしょう。

 

ということで、銀行など金融機関も「教育ローン」では力が入ります。もっとも、教育ローンにかかわらずローンを組むためには銀行預金口座を開設しなければなりません。これは、労働金庫などでも同様ですが、労働金庫の場合はまず労働組合や職員組合といった組合員であることなどの大前提をクリアしないと預金口座が作れず、従って、教育ローンが組めない、という可能性もあるのです。

 

さらに、労働金庫で口座開設ができても、今度は教育ローンを組むことができる年齢に達しているか、勤務年数(実績)、収入などの条件が達しているかというハードルがあります。

 

そして、このハードルをクリアすれば、労働金庫で教育ローンを組む申し込みがやっと可能になりますが、あくまでも「申し込みができた」だけで、今度は審査を受けてこの審査がクリアできれば、やっと教育ローンを手にできます。

 

もっとも、銀行などの一般的な金融機関と違って、一定の条件を満たした組合員のための金融機関なので、銀行などと比べると優遇される面が大きいので、教育ローンなどを検討する時には労働金庫も俎上にあげるべきです。このことは、ローンなどの借り入れだけではなく、預金などの預け入れでもいえることです。

労働金庫の教育ローンについて関連ページ

jaの教育ローンについて
金融機関の教育ローンは、なかなか金融機関の特色は出せないものの、顧客を囲い込みに有効な商品です。そんな金融機関で、かつては農家だけを組合員としてきた農協−現在のjaは、非農家を准組合員として取り込みに躍起です。
ネットde教育ローンについて
「ネットde教育ローン」は三菱東京UFJ銀行の口座があれば、インターネットで申し込める教育ローン商品です。忙しくてもネットで申し込めるところがポイントなのでしょう。しかし、金融商品は難しいところが多く、できれば銀行の担当者から直接説明を受けた方がトラブルは少ないでしょう。
信用金庫の教育ローンについて
信用金庫や信用組合は、営業できる地域が限定されています。このため、銀行との差別化のために、その地域の特色に合った金融商品を売り出していることが多いのです。このため、教育ローンなどの金融サービスが必要になった場合は、地元の信用金庫なども検討の選択肢のひとつとした方が良いでしょう。
医学部への教育ローンについて
医学部への進学は、国公立ならまだ経済的に楽のようですが、私大医学部への進学であれば、初年度は1000万円ほどかかるそうで、教育ローンは一般大学向けと医学部向けの2通りあるようです。
国民金融公庫と教育ローンについて
戦後すぐに設立・運営された政府系金融機関のひとつである国民金融公庫の教育ローンは、現在、株式会社日本政策金融公庫の教育ローンに継承されています。民間金融機関よりもいまだに金利はおトクのようですが、融資限度額が多くないので民間との併用が得策でしょう。
金融公庫の教育ローン
民間の銀行の教育ローンは、誰でもイメージできると思います。しかし、主に中小企業への貸付を行う政府系の金融機関である国民生活金融公庫で個人が教育ローンを組むことができるのをご存知ですか?
銀行の教育ローンについて
教育ローンは公的機関の制度を活用することが得策です。しかしながら、限度額では足りないことが多々あるため、銀行の教育ローンと併用する人が多いようです。
教育ローンのコールセンターについて
日本政策金融公庫のコールセンターは、2系統あります。ひとつは、融資相談に関するものと教育ローンに関するものです。この教育ローンは、公的制度での融資です。
日本政策金融公庫の教育ローンについて
教育ローンは、民間の金融機関だけでなく、政府系の日本政策金融公庫の教育ローンや農業協同組合の金融部門といったところで資金が得られますが、返済金利などを鑑みると、日本政策金融公庫の教育ローンにおトク感を感じることでしょう。
東海ろうきんの教育ローンについて
大学全入時代と言われる今日この頃ですが、それは授業料だけでなく諸々かかる費用がまかなえてのこと。その費用を教育ローンでまかなう方法があり、その教育ローンを東海ろうきんで組む場合は、東海ろうきんでローンが組める資格が必要なのです。
農協の教育ローンについて
最近、JAバンクのコマーシャルが流れています。JAとは農協の略称で、この農協が預金や教育ローンなどのサービスを行う信用事業がJAバンクというわけです。