医学部への教育ローンについて

医学部への教育ローンについて

親としたら、医学部へ入学してくれたら、鼻が高いことでしょう。しかも、国公立の医学部へ進んでくれれば、経済的な面で楽なので、できればそう願いたいところでしょう。しかしながら、私大医学部への進学でも大喜びのことでしょう。

 

子どもの医学部進学の頑張りに報いるために、私大医学部学生として6年間の大学生活でかかる費用はなんとか調整しなければなりません。その金額は、生活費を除く6年間にかかる費用がなんと3500万円ほどなのだそうです。

 

3500万円を現金で用意できる家庭はあるでしょうが、一般的なサラリーマンであれば、とても現金で用意するなどは難しい話しです。さらに言えば、私大医学部へ進学する学生向けの教育ローンを組まなければならないでしょう。

 

一般の大学進学であれば、3500万円もの金額はかからないのですから。一般の大学向けの教育ローンは400〜500万円程度なのです。これでは、医学部への進学のための教育ローンでなければ対応できないことはおわかりいただけると思います。もっとも、銀行の教育ローンでカバーできても、金利を考えれば出身地の地方公共団体が貸す奨学金や公的な教育ローンを併用することが得策です。

 

ちなみに、私大医学部の初年度は、入学金を含めると1000万円ほどかかります。このため、医学部向けの教育ローンは、無担保で1年間で1000万円まで借りられるのが普通です。そして、6年間の総額で無担保で6000万円まで借りられるのです。

医学部への教育ローンについて関連ページ

jaの教育ローンについて
金融機関の教育ローンは、なかなか金融機関の特色は出せないものの、顧客を囲い込みに有効な商品です。そんな金融機関で、かつては農家だけを組合員としてきた農協−現在のjaは、非農家を准組合員として取り込みに躍起です。
ネットde教育ローンについて
「ネットde教育ローン」は三菱東京UFJ銀行の口座があれば、インターネットで申し込める教育ローン商品です。忙しくてもネットで申し込めるところがポイントなのでしょう。しかし、金融商品は難しいところが多く、できれば銀行の担当者から直接説明を受けた方がトラブルは少ないでしょう。
信用金庫の教育ローンについて
信用金庫や信用組合は、営業できる地域が限定されています。このため、銀行との差別化のために、その地域の特色に合った金融商品を売り出していることが多いのです。このため、教育ローンなどの金融サービスが必要になった場合は、地元の信用金庫なども検討の選択肢のひとつとした方が良いでしょう。
労働金庫の教育ローンについて
労働金庫で教育ローンなどの金融サービスを受ける場合には、まず労働金庫に口座が作れる資格があることが必要となります。しかし、銀行などの一般的な金融機関よりも優遇が受けられることもあります。
国民金融公庫と教育ローンについて
戦後すぐに設立・運営された政府系金融機関のひとつである国民金融公庫の教育ローンは、現在、株式会社日本政策金融公庫の教育ローンに継承されています。民間金融機関よりもいまだに金利はおトクのようですが、融資限度額が多くないので民間との併用が得策でしょう。
金融公庫の教育ローン
民間の銀行の教育ローンは、誰でもイメージできると思います。しかし、主に中小企業への貸付を行う政府系の金融機関である国民生活金融公庫で個人が教育ローンを組むことができるのをご存知ですか?
銀行の教育ローンについて
教育ローンは公的機関の制度を活用することが得策です。しかしながら、限度額では足りないことが多々あるため、銀行の教育ローンと併用する人が多いようです。
教育ローンのコールセンターについて
日本政策金融公庫のコールセンターは、2系統あります。ひとつは、融資相談に関するものと教育ローンに関するものです。この教育ローンは、公的制度での融資です。
日本政策金融公庫の教育ローンについて
教育ローンは、民間の金融機関だけでなく、政府系の日本政策金融公庫の教育ローンや農業協同組合の金融部門といったところで資金が得られますが、返済金利などを鑑みると、日本政策金融公庫の教育ローンにおトク感を感じることでしょう。
東海ろうきんの教育ローンについて
大学全入時代と言われる今日この頃ですが、それは授業料だけでなく諸々かかる費用がまかなえてのこと。その費用を教育ローンでまかなう方法があり、その教育ローンを東海ろうきんで組む場合は、東海ろうきんでローンが組める資格が必要なのです。
農協の教育ローンについて
最近、JAバンクのコマーシャルが流れています。JAとは農協の略称で、この農協が預金や教育ローンなどのサービスを行う信用事業がJAバンクというわけです。