教育ローン

教育ローンは、主に大学や専門学校など高校を卒業してからの学費を貸してもらうことに使われますが、実際に借りようとすると教育ローンにも種類が多くて戸惑います。大きく国のローンと民間のローンに分けられますが、国のローンにはかっては「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」の3つがありましたが、今は「教育一般貸付」だけになりましたが、融資金額が300万円とちょっと少ないのが弱点ですが、金利が安いのが魅力です。

 

一方民間のローンには、銀行や信用金庫などのいわゆる金融機関を思い浮かべると思いますが、それ以外にはJAや労働金庫なども行っています。そして融資限度額が1000万円以上にもなる医学部の人のための教育ローンもあります。また教育ローンの金利もピンからキリまでありますし、固定金利と変動金利がありますし、返済方法も「毎月元利均等返済」や「元利均等ボーナス併用返済」もありますし、元金均等というのもできる場合もあります。

 

また教育ローンではありませんが、それ以外にも大学などに進学する際のお金を借りたり、もらったりする制度はいくつかあります。たとえば、奨学金が無利子の「第一種奨学金」と利子が付く「第二種奨学金」があります。利子がついても教育ローンよりはお得です。

教育ローン記事一覧

一番有利な教育ローンは?

学費などを教育にかかる費用を金融機関などから借り入れをする場合の 一番有利な借り入れ先は、やはり「国の教育ローン」です。「国の教育ローン」は、借り入するための条件はいろいろと厳しいのですが、やはり民間の教育ローンを検討する前に「国の教育ローン」を検討すべきなのです。国の教育ローンは、一番有利な教育ロ...

≫続きを読む

 

公庫教育ローンについて

日本政策金融公庫教育ローンを別名「国の教育ローン」と呼んでいます。国民生活金融公庫の頃は、「公庫教育ローン」という呼び方が主流だったようですが、国の事業の見直しや機関の統廃合によって、国民生活金融公庫の事業は現在日本政策金融公庫の国民生活事業部門で行われ、その事業のひとつが「公庫教育ローン」です。そ...

≫続きを読む

 

公的教育ローンについて

進学が決まっても教育資金が捻出できない、というケースが多いようです。最近、少し経済が良くなってはいるものの、まだまだ庶民には届きません。このような場合は、まず独立行政法人日本学生支援機構の奨学金を受けることを勧めることが多いようです。それは、この奨学金と公的教育ローンを重複して利用できるからのようで...

≫続きを読む

 

国の教育ローンについて

「国の教育ローン」は、日本政策金融公庫が国民生活事業のひとつとして行われているものです。この事業の背景には、教育費負担が重い大学生や専門学校生がいる家庭の経済的な負担を少しでも軽減できるように、あるいは教育を受けられる機会を均等にする、ということ目指したものです。少子化で一人っ子化が進んでいるためか...

≫続きを読む

 

大学の教育ローンについて

大学全入時代は今だに続いていますが、その状況のなかで、経済の立て直りはまだまだ道半ばです。このため、大学全入時代とはいえ、経済的な問題から大学に進学できないというケースも少なくないようです。このため、大学が銀行と提携し、教育ローンを設置しているケースが多いようです。これは、検索エンジンで「大学 教育...

≫続きを読む

 

子供の学費と年収について

子供の学費などを親がどのくらい負担すべきか、ということは親の年収によっても異なることでしょう。年収の多い親であるならば、全額負担するのは当たり前、と思う人もいれば、高校を卒業した以降は、ある程度、自分でまかなっていきなさいという人もいることでしょう。子供の学費などの負担について、明確な答えはないので...

≫続きを読む

 

学資保険と奨学金について

進学する際にかかる費用を確保する方法はいくつかあります。具体的には、子どもの誕生から進学までの間、コツコツ積み立てるイメージの学資保険。保険の機能があるものの進学する時に備えるのが学資保険です。そして、日本学生支援機構から得られる奨学金のほかに進学する学校で得られる奨学金、出身都道府県や財団や基金な...

≫続きを読む

 

家計からの教育費捻出について

当たり前の話しですが、家計にお金が潤沢にあれば、ローンを組む必要はありません。しかしながら、教育費捻出が必要な頃は、ほかで費用が出ていっていることが多いのです−具体的には、住宅ローンやマイカーローンといったものです。あるいは、最近ではライフプランを描いていた時よりも思うように収入が上がらない、といっ...

≫続きを読む

 

専門学校は教育ローン対象?

教育ローンの審査が通って教育ローンが組めるのは、どんな学校へ進学した場合なのでしょうか?例えば、学校というと教育基本法では幼稚園も学校ということになります。果たして、幼稚園の入園のために教育ローンが組めるのでしょうか?まず、幼稚園から義務教育までは教育ローンの対象にはなりません。つまり、教育ローンは...

≫続きを読む

 

所得の差と学費の負担について

戦後、広く教育が受けられるようにと国の教育ローンを取り扱っていたのが国民金融公庫です。その国民金融公庫がいろいろな政府系の金融機関との統合などの変遷を経て、現在は日本政策金融公庫で国の教育ローンの取り扱いが受け継がれています。その日本政策金融公庫では、毎年、国の教育ローンを組んでいる勤労者に対して学...

≫続きを読む

 

教育ローンとその金利比較について

教育ローンを考えるには、教育ローンの種類が国の教育ローンと民間金融機関の教育ローンがあるので、まず、それらの教育ローンの違いを見ていくことがとても重要なのです。ここである程度の違いが見出せれば、どの教育ローンを申し込めば良いのか、金利比較を含めたいろいろな要素から、迷わずに決められることでしょう。こ...

≫続きを読む

 

教育ローンと奨学金について

子どもが進学する際、家計では進学に要する費用が足りない場合は、奨学金や教育ローンを活用して、足りない費用を補います。誰でも思うことでしょう。しかしながら、教育ローンを借りて進学するのが良いのか、奨学金を得て進学する方が良いのか明確に論じられる人は皆無でしょう。教育ローンがベストか奨学金がベストなのか...

≫続きを読む

 

教育ローンのシュミレーションについて

「国の教育ローン」といわれる日本政策金融公庫のウェブサイトの「返済シミュレーション」ページでは、必要事項などを入力して、シュミレーションすることによって毎月の返済額などを試算することができるようになっています。だたし、金利などが融資時のものと異なることもあり得るため、あくまでも試算なのです。このこと...

≫続きを読む

 

教育ローンの利率について

教育ローンには、大きく2種類の利率があります。つまり、固定金利と変動金利に対するそれぞれの利率です。おさらいを含めて固定金利と変動金利とその利率は、以下の通りです。これは、教育ローンに限定されたことではなく、いろいろなローンすべて共通のことです。まず、固定金利の場合です。この場合は、借り入れを申し込...

≫続きを読む

 

教育ローンの基礎知識について

子どもが進学するために勉強に励んでいるのですから、親としては教育ローンの基礎知識をしっかり学んでおく必要があります。しっかりと教育ローンの基礎知識を学んだ上で、余裕を持って金融機関に相談、準備をしたら良いでしょう。ところで、教育ローンの基礎知識を学ぶとは、どんなことを学べば良いのでしょうか?具体的に...

≫続きを読む

 

教育ローンの種類について

教育ローンの種類といえば、まず大きく国の教育ローンと民間の教育ローンという2種類のローンがあります。民間のローンは、それぞれが企業努力で組成されたものですから、分けようがありません。あえて、いうならば銀行の教育ローン、信用金庫の教育ローン、JAバンクの教育ローンと金融業態別に教育ローンの種類分けがで...

≫続きを読む

 

教育ローンの融資金額について

教育ローンの融資金額はどの程度なのでしょうか?進学だけに限っての費用だけでも入学金と年間授業料や施設費用、教科書代などが該当します。進学にかかる費用以外にも高校であれば修学旅行費用などもあります。ところで、国の教育ローンの融資金額は、ひとりにつき300万円以内となっているのです。しかも、ひとり1回限...

≫続きを読む

 

教育ローンの返済方法の種類について

日本政策金融公庫の「国の教育ローン」の限度額であれば300万円。 準民間ではあるものの民間金融機関の教育ローンよりは優遇のあるJAバンク(農協)では500万円の融資が受けられます。教育ローンが受けられることや受けられる金額がわかっても、問題はその教育ローンを返済することができるかどうか、ということが...

≫続きを読む

 

教育ローンの金利について

教育ローンを取り扱っている金融機関がたくさんあります。教育ローンに関わらずローンを組む時に特に考えるのは、金利とどれくらいの額を借りられるのか、という点です。つまり、必要な額を低い金利で借りることができれば、本望なのです。このため、家計では足りない資金のうち、進学で必要な分はまず、奨学金制度を活用で...

≫続きを読む

 

教育ローンは受験にかかった費用などの利用範囲で使えます

教育ローンは、調達できた融資金が進学先への学費のみに充当される、と思っている人は少なくないようです。それは、進学先が決まらないと教育ローンが借りられないと言う人が多いからです。しかし、教育ローンの利用範囲はもっと広いのです。この利用範囲は、国の教育ローンと民間の金融機関での教育ローンとでは異なります...

≫続きを読む

 

教育ローンは留学でも使える?

国際人を養成するために海外留学を推し進める制度がいろいろとあるようです。日本政策金融公庫の国の教育ローンでは、海外の高校・高専・短大・大学・大学院などの教育施設に6か月以上の留学であれば、融資の対象になるのです。一般の金融機関の教育ローンでも留学で利用できるものもあるようです。一般の金融機関の教育ロ...

≫続きを読む

 

教育費の負担について

国の教育ローンを取り扱っている日本政策金融公庫では、同公庫の教育ローンを組んでいる勤労者を調査対象とした教育費の負担についての調査結果のレポートがあります。平成24年度のこの教育費の負担についての調査結果によれば、相変わらずこの教育費の負担は高止まりである一方で、減収傾向から旅行やレジャー費といった...

≫続きを読む

 

日立キャピタルの教育ローンについて

日立キャピタルという会社をご存知でしょうか?「日立」という社名の一部分から「家電メーカーの日立のグループかな?」と思った方もいらしゃるかもしれませんが、確かに日立製作所のグループの金融事業会社で、家電購入での割賦払いのほか教育ローンなども提供されています。今回、日立キャピタルを取り上げたのは、民間の...

≫続きを読む

 

最適な教育ローン選ぶ為にどうすれば良い?

最適な教育ローン選ぶ為には、1)進学する学校にどう対処していくか、2)どのくらいの教育費が蓄えられていて、融資やローンはどの程度必要か、3)借り入れした融資やローンの返済見込みはどうか、などから詰めなければなりません。これらについて、もう少し詳しくみていきましょう。そもそも最適な教育ローン選ぶ為には...

≫続きを読む

 

母子家庭の教育ローンについて

母子家庭や交通遺児家庭といった家計では、教育ローンにかかわらず、大きなお金を支出できないという状況の家庭がほとんどです。このため、生活費を金融会社などから借りることが多いようですが、それが多重債務のはじまりになりかねないのです。多重債務→自己破産となると、教育ローンを組みたくても組めないのです。教育...

≫続きを読む

 

社会人と教育ローンについて

社会人の教育ローンと言うと変な感じを受けるかもしれません。教育ローンといえば、学生が進学する際の費用に充てるもの、というイメージが圧倒的だからです。もっとも、学生が進学するというのは、勉強するためです。翻ると社会人だって勉強したり資格を取得してさらなるステップアップをはかる人もいるのです。つまり、さ...

≫続きを読む

 

自宅外通学者の仕送りについて

平成24年度に首都圏の私立の大学・短大へ入学した自宅外通学者への仕送りについて、東京地区私立大学教職員組合連合の調査結果が平成25年4月5日に発表されました。この調査は毎年行われているもので、今回、仕送り額が最高だった平成6年をピークに昨年よりもさらに自宅外通学者の仕送りが減っていることを指摘してい...

≫続きを読む

 

自己破産したら、教育ローンは?

多重債務で資産では債務が返済不可能となった時に自己破産をすることで、資産は最低限のもの以外は没収されるものの、債務も帳消しされます。自己破産によって、一件落着と言いたいところですが、実はそうはいきません。自己破産の宣告を裁判所から下されると、「官報」に掲載され、そのタイミングで金融機関や信販会社のロ...

≫続きを読む

 

財形教育融資制度(教育ローン)ついて

財形教育融資制度(教育ローン)は、財形貯蓄を行っている勤労者が利用できる国の制度です。国の制度なので、民間よりも有利な条件だったようですが、この財形教育融資制度(教育ローン)は、残念ながら平成23年9月30日で廃止されてしまいました。それは、財形教育融資制度(教育ローン)を取り扱っていた独立行政法人...

≫続きを読む