大学の教育ローンについて

大学の教育ローンについて

大学全入時代は今だに続いていますが、その状況のなかで、経済の立て直りはまだまだ道半ばです。このため、大学全入時代とはいえ、経済的な問題から大学に進学できないというケースも少なくないようです。

 

このため、大学が銀行と提携し、教育ローンを設置しているケースが多いようです。これは、検索エンジンで「大学 教育ローン」と打ち込んで、出てきた結果を見れば、一目瞭然です。

 

いろいろな大学の教育ローンのウェブページのリストがずらっと並ぶのです。もっとも、大学では銀行との提携による教育ローンのほかに、奨学金を設けているところも少なくありません。

 

教育ローンを組むのは、進学者の親ですが、その親の将来の収入見込みがなかなか読みにくい現在では、むやみにローンが組めないというのが実情です。子どもの進学のための費用ですから、調達することになるのですが。

 

あるいは、奨学金を得るという選択肢で進学するケースも少なくありません。親の将来の収入の見込みが読みにくいので、進学者自身が社会人になったら収入を得て、そこから支払おう、という意思からです。しかし、現在の雇用情勢では、就職が出来ず、奨学金が返済できない、というような状況が起きている、という問題もあるのです。

 

すべて経済の影響によるものでは片付けられないとは思いますが、大学へ進学する学生を取り囲む状況は芳しくないことが多い、という現状は押さえておくべきでしょう。

大学の教育ローンについて関連ページ

一番有利な教育ローンは?
一番有利な教育ローンは、なんといっても「国の教育ローン」です。しかしながら、まず教育に関わる費用の捻出には、奨学金制度での資金調達がどのくらいできるか確認の上で「国の教育ローン」を考えるべきでしょう。
公庫教育ローンについて
公庫教育ローンは、教育費の負担が大きすぎる家庭であっても、進学するための資金支援のひとつとして日本政策金融公庫の国民生活事業部門が行っている制度です。
公的教育ローンについて
進学先が決まったものの、費用面で不安がある場合は奨学金を推奨しているようです。奨学金が得られなかった、あるいは得なかった時、次の手段として公的教育ローンを検討するようです。
国の教育ローンについて
国の教育ローンは、教育費負担が重い家庭でも大学などへ進学できるように融資するもので日本政策金融公庫の国民生活事業のひとつです。ただし、融資限度額が少ないのが玉に瑕です。
子供の学費と年収について
ない袖は振れないものの、それでも子供の学費は負担しなければならない親が年収の多少を問わず多いようです。もっとも、生活費はさすがに自分で負担しなさい、という親が多いように思います。
学資保険と奨学金について
進学に際して、学資保険や奨学金、そして教育ローンとかかる費用に対して、どの手段を使うか、使えるかは家計からの拠出や子どもの兄弟数、親の今後の収入見通しなどを鑑みて、進学する子どもの意向を聞きつつ、なるべき早く準備すべきでしょう。
家計からの教育費捻出について
少し景気が良くなってきたようですが、まだまだ多くの家計が良くなったという実感はないと思われます。このため、家計から教育費捻出は厳しいとしている世帯はまだまだ多いというのが現実です。
専門学校は教育ローン対象?
教育ローンは、中学校を卒業してから進学する高等学校や高等専門学校(高専)、大学などの教育費用や受験費用といったものまで使える資金なのです。返済期間は、貸付を受けてから15年ということになります。
所得の差と学費の負担について
国の教育ローンの取り扱っている日本政策金融公庫では、学費の負担などについて、国の教育ローンを活用する勤労者への調査レポートを毎年行っています。このレポートでは、所得の差はあっても学費の負担は当たり前、という意向がよくわかります。
教育ローンとその金利比較について
教育ローンを考えるための要素としては、金利比較をひとつの判断材料にすることはあります。しかし、金利比較だけでなく、いくらまで教育ローンが借りることができるかなどが必要な情報と言えましょう。
教育ローンと奨学金について
教育ローンと奨学金の違いは、借入したお金を誰が支払うのか、という点です。前者は親が借入して、親が支払いを行います。奨学金は、奨学金を得て進学した学生が卒業してから支払うものなのです。
教育ローンのシュミレーションについて
日本政策金融公庫には、教育ローンの返済シミュレーションページがあります。民間の金融機関でも同様です。シュミレーションでうまくいっても実際とは違います。余裕をもった計画を立ててください。
教育ローンの利率について
教育ローンには固定金利と変動金利の2タイプがあります。それぞれのタイプの利率には、メリットとディメリットがあります。現在の家計を鑑みて、固定金利か変動金利かを定めなければなりません。
教育ローンの基礎知識について
教育ローンを金融機関に相談する前に教育ローンの基礎知識は得ておきたいところです。もっとも、今後の収入の見合いと教育ローンの返済額のメドの見込みは立てておくべきでしょう。
教育ローンの種類について
教育ローンの種類は、国の教育ローンと民間の教育ローンと2つに分けられるほかに、国の教育ローンが3種類に分けられます。もっとも、国の教育ローンで生きているのは、「教育一般貸付」だけです。
教育ローンの融資金額について
教育ローンの融資金額は、国の教育ローンであればどんなに頑張っても300万円です。審査によっては300万円未満ということも。このため、国の教育ローンと民間の教育ローンを併用する人が多いのです。
教育ローンの返済方法の種類について
教育ローンの借入先を検討することも必要ですが、返済方法の種類を把握した上で今後の収入がどのようになっても返済できるような余裕をもって教育ローンを組まなければなりません。
教育ローンの金利について
ほとんどの金融機関で教育ローンが取り扱われています。どこで教育ローンを組もうか、と検討する場合には、まず奨学金を検討した後に国の教育ローンを取り扱う国民生活金融公庫を手始めにしたら良いでしょう。
教育ローンは受験にかかった費用などの利用範囲で使えます
教育ローンは学費へ充当するだけでなく、受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費や宿泊費)などある程度の利用範囲があります。民間の金融機関での教育ローンの方が利用範囲は広いです。
教育ローンは留学でも使える?
留学するための費用は、留学する期間によっては国の教育ローンの日本政策金融公庫で組むことはできます。一般の金融機関でも教育ローンが組めるところもあるそうですが、それ以上に奨学金を得て留学する方法もあります。
教育費の負担について
教育費の負担が年々重くなっている、といわれています。それは、昨今の経済情勢で相当に収入の減少が進んでしまっているからです。その状況を国の教育ローンを取り扱っている日本政策金融公庫が毎年レポートしています。
日立キャピタルの教育ローンについて
日立キャピタルの教育ローンが密かに人気です。それはまず金利です。金利に保証料が含まれ、固定金利では低金利と定評があるのです。そして、審査がゆるやかということにも定評があるのです。
最適な教育ローン選ぶ為にどうすれば良い?
最適な教育ローン選ぶ為には、進学を予定する子どもとの対話、今の家計と蓄え、今後の家計の見込みや他の子どもの進学見込みを押さえておかねばなりません。
母子家庭の教育ローンについて
母子家庭や交通遺児家庭の家計は、追加の支出はなかなか出せないものです。しかし、教育を受けさせたい。この場合は、公的融資制度の教育ローンを活用すべきです。
社会人と教育ローンについて
少し前から社会人の大学での勉強や資格取得が密かに拡がってきています。この動きは教育ローンを組んででも本格的に目的を達しようと意気込みがあるからこそ、できることなのでしょう。
自宅外通学者の仕送りについて
国の教育ローンなどをどの程度利用しての結果なのかわかりませんが、首都圏の私立の大学・短大へ入学した自宅外通学者への仕送りは、平成25年の東京地区私立大学教職員組合連合の調査結果の発表では、12年連続の最低額を更新ということです。
自己破産したら、教育ローンは?
自己破産すると、銀行などの金融機関からローンや融資を受けることができません。これは、自己破産してから7〜10年間は信用情報機関に自己破産者情報が登録されているからです。このため、教育ローンも同様に組めないのです。
財形教育融資制度(教育ローン)ついて
財形教育融資制度(教育ローン)は、残念ながら平成23年9月30日で廃止された制度です。最長10年以内の償還なので、債権は独立行政法人勤労者退職金共済機構に引き継がれています。